えぇ〜い、腹の立つ!

今朝の(5/1付)朝日新聞。

青臭いと言わば言え!


腹立つったらありゃしない!


c0106696_2229252.jpg


野中広務氏が小渕内閣の官房長官時代、
月に5千万〜7千万円の官房機密費を使っていたそうな!

私しゃ何も1から10まで清廉潔白で、一切の曇りも無いクリーンなモノだなんて
思ってやしないし、多少、公には出来ない事もあろうさ。そりゃね。


しか〜し!

この金額はなんじゃ?

しかも、支出先が腹立つのよ!

記事に拠れば、
『首相の部屋に1千万、野党工作などのため国対委員長に500万、
 参院幹事長にも500万程度渡していた他、

毎月だよ?

それがいつから何年続いた慣習なのか?


評論家や当時の野党議員
らにも配っていた。』とのこと。


『前の官房長官からの引き継いだノートに、政治評論家も含め、
 ここはこれだけ持って行けと書いてあった。
 持っていって断られたのは田原総一朗さん一人。』

与野党問わず、何かにつけて機密費を無心されたこともあったという。


おいおい、評論家とやら?

裏で金貰って、何やってんねん?

断ったのが田原総一朗さん一人だけなんて。


『政治家から評論家になった人が“家を新築したから3千万、お祝いをくれ”と
 小渕首相に電話してきたこともあった。』


………飽きれてまうわ!




余に“一党独裁政権”が続いてしまった故、完全に感覚が麻痺してしまっているし、
その甘い蜜に群がる輩のなんと多いことか。

批判すべき立場のモノが裏では金を無心し、それをおかしいとも思わない。

利権によって癒着して政権を維持し、自分らの私服を肥やす……


あぁ〜腹立つ!


でもね結局、この自民政権を維持させてたのは我々国民なんだよね。


悔しくない?


機密費って、結局税金じゃん?

オレ等が収めた税金が、ある意味ワイロにされてたなんて…。
どっかの評論家の新築祝いにされてたなんて…。


機密費って、もっと表では言えないような闇で使われてるとおもったら、
あまりにもアホらしい使われ方をしてたなんて、笑っちまうわ!

……笑ってないけど。


今日一日イライラしてしまった。


はぁ〜


せば、まんずのぉ!
[PR]
by ks-drive | 2010-05-01 23:03 | 雑記


<< 呑み せっちゃん、さつきちゃん >>