書き切れず

ライブ終わり症候群です(笑)

よく言う『抜け殻状態』じゃ〜





さて先週、話題の映画『悪人』を観ました。

前評判通り非常に重厚で見応えのある、自分好みの作品だった。

モントリオール映画祭で最優秀女優賞を獲った深津絵里はともかく、
脇を固めた樹木希林、柄本明が素晴らしく良かった。

ってか、この二人はどんな作品のどんな役でも演じ切るでしょうが、
この作品に於けるお二方は、持ち前のキャラにピッタリと合っていた様に思う。

特に、被害者の父親役の柄本明。

ワタクシも娘を持つ父親の一人として、
その心情にはシンクロする部分が少なからずあったが…。




少々脱線するが、一連の「押尾学事件」の件。

亡くなられた女性に私は同情することが出来ない。

何故なら、無理矢理に薬物を投与された訳ではない(様だ)し、
同意の元に一緒に飲んで快楽を貪ろうとした上での「事故死」でしょ?

裁判でも、すでに致死量を摂取して救命の可能性はかなり低かっただろうと
されてる。

それ故の、『保護責任者遺棄』で『致死』は認められなかった。

事件の真相は、それこそ当事者でしか分からないのだが、
彼女が押尾の誘いに応じて、ホテルへ出向いたのは事実(の様)だし、
違法薬物を自ら摂取したのも事実(の様)だ。

私は自分のムスメが、彼女の様な軽はずみな行動を取ったとき、
100%擁護することは出来ない………と思う。



話は戻るが、映画の中で殺された娘の殺害現場へ出向いた父親が、
マボロシで見た娘に対して、『お前は何も悪く無いんだよ』と語りかける。

しかし、結果として殺されてしまった原因は彼女にもあるのだ。

父親として、育てたムスメの否を認める事は難しい事だろうが…。




人には、様々な面が多角的にあり、
それを見せる人によって表情をクルクルと変える。
見る人によってもクルクルと変えられる。




この映画の語りどころは沢山あって、私の拙い文章能力じゃ伝え切れないので、
この辺で止めときます。

興味があったら観て見て下さい。


最後に、この映画のヒロインは深津絵里でしか有り得ません!





せば、まんずのぉ!
[PR]
by ks-drive | 2010-09-23 00:03 | 雑記


<< 肌寒し 生き甲斐 >>