なみだ

四月だ。

今日は暖かく過ごし易い天気だったし、
少しは元気にもなる。

あの日以来、TVや新聞を見聞きして日に2〜3度涙ぐむ。

人間の弱さや脆さにではなく、強さに優しさに。

もう少し暖かくなって、少しでも過ごし易い日が早く来るといい。



それにしても、原発事故はいったいどうなってしまうのだろう?

本当の解決まではまだまだ数十年かかるという(いや、もっとか?)。

チェルノブイリは25年経った今も、半径30㌔圏内には人は住めないし、
未だに高い放射線量を観測されているという。



必要以上に不安になったりはしていないが、楽観もしていない。



いま避難を余儀なくされている街の方達は、
いったいどうなってしまうのだろう?

住まいも仕事も、今までと同じ様にはいくまい。

一応の決着をみても、汚染された土地で暮らすことは出来ないだろうし…


40のおっさんが言うコトバじゃないが、空飛ぶ大巨人でもやってきて、
原発施設と汚染された土地ごとゴッソリとすくい取って、
宇宙にでも捨ててきてくれないかなと思ったりする。


いざ復興へ!という時に何とも厄介な問題だ。


原発って、究極的に便利であり危険な諸刃の剣だということを
今更ながらに知った思いだ。





せば、まんずのぉ!
[PR]
by ks-drive | 2011-04-02 00:21 | 雑記


<< カウントダウン 年度末 >>