生きてゆくこと、生き切ること

今夜、ひとりスタジオ練習しようかと思っていた矢先、
叔父(オヤジの弟)が亡くなったとの報。


数日前に体調不良を訴えて病院へ行った時には、
すでに末期ガンで手の施し様も無い状態だったらしい。

健康診断で「要再検査」が下されても、一向に病院へ行かず
放っておいたのが災いしたとの事。

まだ60歳を少し越えたばかりだった。




昨年の10月に祖母を94歳で亡くしてから、
今年に入って、春から初夏にかけて父方の叔母と母方の叔母も
相次いで他界。

そして、続いてこの不幸騒ぎだ。


続いてるな。

それは単なる偶然だろうけど………。



ただ、ウチの父親も13年前に57歳で逝ってしまい、
その弟である叔父も60ちょっとで逝った。

そのDNAを受け継ぐのなら、オレもあと20年程で逝くのか…?



だったら、あと20年ほどを悔いなく生きていこう!


やり残した事、言い残した事の無い様に。



もっかいバイク(出来ればYAMAHA SR400)を手に入れて、
単車乗りになりたいし、カヌーも手に入れたい。

当然、あと何曲出来るか、良い曲も作りたいしライブも演る。

登山にも少し興味があるしなぁ〜

子供には持ちうる限りの愛情を伝えたい。




病気じゃなくても、事故や災害で命を落とすかも知れない。

先のことは分からないのだ。


なんか、漠然と『明日が来るのが当たり前』になっているけれど、
『明日を生きるため、今日を生きて生きていかなければならない』のだ。


そうは言っても繰り返すルーティンワーク。


まず、出来る事からやっていこう。






ウチのオヤジが最期に

『あぁ、もうちょっと生きたかったなぁ〜』って言ってたのを思い出す。


こうやってホンのちょっと後悔を残して逝くのも人間らしくて良いかなぁ


なんて。



合掌。




せば、まんずのぉ!


※葬儀等で更新が滞るかもしれません悪しからず。
[PR]
by Ks-drive | 2011-08-17 22:23 | 雑記


<< わたしの好い人連れて来い 次!次! >>