ドラえもん

どんどんと暖かくなってきた今日この頃。


昨日から公開のドラえもんの新作映画を観に行ってきた。

ウチにしては珍しく家族3人で。



日曜日ともあって、まちキネは家族連れでごった返してました。

いつの時代も人気あるんだなぁ〜


しかし、ドラえもんも、声優陣も一新し原作者の藤子不F二雄さんも亡くなり、
オレ等が子供の頃に見ていたキャラから少し変わってきてるよね?

ドジっぷりが際立ってるっていうか、ちょっと抜けてるっていうか…
キャラが緩くなってきてる。

こういうのも時代の変化なのか?


ドラえもんは『ゆるキャラ』じゃなく、
ほんの少し大人でスマートなキャラであって欲しいかな。
だからこそ、たまのドジが笑いに繋がると思うんだけど?



40年もやってりゃ、時代と共に変化していくモンなんかなぁ…



そう考えると、プロレスもオレが子供ん頃に見ていたモノと
随分変わってしまったし…





自分の価値感と、時代の求める(提供する)価値感と
少しズレてきてる感じがするのは、自分が歳取っただけだからかな?


何事も変化は時代の必然だろうし、ダメなものは淘汰されるだけなのだろう。


ただ、時代に乗るだけでなく、乗らなくても良い価値感に乗るつもりもない。



それで良いのだ。




せば、まんずのぉ!
[PR]
by Ks-drive | 2012-03-04 23:35 | 雑記


<< おっさん達の夕べ ピュアネス >>