夜走り

昨日は朝から雨だったんで、
早朝ランは休んだ。



しかし、休んでしまうと不安が募るので(何の不安だよ?)夕方に走った。



もう6時にもなると随分と暗い。



実はワタクシ、夜間に走るのがあまり好きでは無い。


足元も見え難いし、早朝に比べ交通量も多いし。



んでも、残された時間も少ないので、
やれる時にやるべきことをやっておこう。



…なんて優等生的発言(笑)



ってことで走りだす。



いざ走ってみると、夜間もそんなに悪くない。

今まで食わず嫌いだったのか?



ただ、信号に矢鱈と引っかかるので、赤に引っかかったら曲がる事にする。

ので、いつものコースからはズレることになり、キロ数が分からない。


…まぁ良いかぁ



って事で暫く走っていると、脇道から20代と思しき若者が飛び出してきて、
私の20m程前を走っていく。


「さすが若者、なかなか早いなぁ」


オレも追いつかないまでも、離されないように追走する。


…しかし、離されるどころか、その差は縮まっていくではないか!



「ん?もしかしてイケちゃう?」


チョット頑張っちゃうオレ。


そして遂に追いつき追い越した!




「あら?やっちゃった?」

ちょっと嬉しい。


そこから約1km程、抜き返される事なくリードを保つ。

大会前に、こういう気分を味わっておくって良いねぇ〜


しかし、いよいよ息が上がって来たので、いかにも「最初からオレはここで止めようと思ってたんだよ」ってな体をなして、オーバーに時計を覗きこんで本日のランは終了!


いや、最初から若者は競争するつもりなんて無いのだろうけど、勝手にレースに持ち込んでスミマセンでした。



ってことで、夜間に走るのも悪くないなぁ〜と。



せば、まんずのぉ!
[PR]
by ks-drive | 2012-11-01 08:37 | はしった


<< カウントダウン もらった >>