2012年 05月 21日 ( 1 )

克服

昨日のライブ前、午前中に献血に行った。


高校生の頃は年に3〜4回くらいは献血してたんだけど、
ある日を境にすっかりやらなくなってしまって、
実に15年振りの献血。


やらなくなったキッカケってのは…



その日、運転免許証の書き換えで免許センター出向いた。


色々な手続きを終えて、あとは新しい免許証の交付を待っていた
空き時間。


ちょうど献血車が目に留まり、どうせ暇だから献血でもしようかと
馴れた感じで行ったのだが…



2つ並んだ治療台の一つに横になり、血を採られていたのだが、
隣のベッドでは次々と人が入れ替わるのに、
一向にオレの採血は終わらない。

『えっ?なんでオレだけ終わらない?…』


なんとなく不安な気持ちになり、
その内だんだんと気分が悪くなり、ついにはリバース!

完全に血の気がひいてしまったのだ。



善意の献血のつもりだったのだが、かえって迷惑を掛けてしまい、
それがトラウマで献血にちょっと拒否反応するようになってしまったのだ。


よくよく考えてみると、寝不足で朝飯も食ってなかったので、
そんな体調で血液を400ccも抜かれりゃ気分も悪くなるってモンだろう。



それが今回、消防団の地域貢献事業の一環での献血となり、
15年振りと相成ったのだ。


今回は睡眠充分!朝食もバッチリ!だったので、
スムースに献血できましたよ。



しかし、あの悪夢のような15年前の献血のデータがキチンと記録されていて、
以前の住所とか全部データに残っていたのにはビックリ!

だから15年前だって分かったのよ。



これで一つトラウマを克服したぜ(笑)




血を抜かれても、ライブも出来たしね!



せば、まんずのぉ!
[PR]
by Ks-drive | 2012-05-21 22:50 | 雑記